Homeスポンサー広告大学4年生の僕>第壱話 インフル、襲来

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

第壱話 インフル、襲来

2009.12.29 Tue

(タイトルと内容はたぶん一致してません。弐話もありません。)

一昨日の夜、バイトから帰ってきたくらいから体調が「なんかおかしいなー」、と思っていた。
で、機能の朝、微熱がでてたけど、「まあ、大丈夫でしょー」というノリで普通に遊んだ。酒も若干飲んだ。

帰宅した頃には、「ヤバイかなー」と思って熱をはかったら、38度くらいあった。

すぐさまルルを飲んで、布団にこもって汗をかく作戦を実行。微熱にもどったから「もう大丈夫、あとはしっかり寝よう!」という感じで寝た。

朝起きると、まだ熱があった。




で、とりあえず病院へ行こうと思ったら、近くの診療所は開いていない…

結局歩いて3、40分くらいかかる病院へ。



俺「風邪引きました」

お医者さん「インフルの検査しますー」




……鼻に細い綿棒を突っ込む……



……待つこと10分ほど……


お医者さん「A型インフルですねー」

俺「(まじか…)はい。」


ってなわけで、A型インフルでした。。orz


こんな時期にインフルになるなんて思ってもいなかったよね。




で、明日、明後日、明明後日が例の糞バイトだったので、これは休まないといけないと思い、電話をかける。



俺「アルバイトの〇〇ですが、インフルエンザにかかってしまったので、お休みにしたいんですけど。」

糞バイト先「え??」

俺「インフルにかかったので、休みにさせてもらえますか?」

糞バイト先「あれ?元気そうだけど?」

俺「(いやいやいやーその言い方なに?!電話やから声はっとるんじゃい!)いや、本当に今病院へいって、インフルだと診断されて、過エル途中なんですけど。この前のバイトのあとくらいから体調がおかしくて、今日病院へいったら……(説得するのに必死。)」

糞バイト先「そっか。じゃあとりあえず、年末年始はなしにするから、また治ったら電話必ずして。」

俺「はい。すみませんで…」(途中で電話切られる)


またまたバイト先やらかしてくれました。もうヒドイを通り越して、人間としてどうなの?と思わざるをえません。

確かに、短期のバイトで仮病でバックレる人がたくさんいて、信用できないのはわかるけど、他にもやり方があるでしょ?と。診察の時の領収書を次回提出しないとペナルティとか…ね。



正直まだ3回しかバイトしていないけど、もう懲り懲り……(3回でこれだけひどかったら、本当にひどいってことかな。)


俺はこんな大人にはならないようにしよう。このバイト先は馬鹿な人が多すぎる。最近の若者は…とかいわれるけど、この頃俺が会う大人はレベルの低い人が多すぎる。大人ももっとガンバレよ。少なくとも長く生きてるんだからさ。まあ今から変わろうったって無理だろうけどね。


しかし今の時期にインフルにかかるなんて、俺って不幸だな。


最近、愚痴ブログが多い。読者のみなさん、さーせんorz(あ、誰も読んでないって?そっか。w)



    


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:大学生日記 - ジャンル:日記

タグ:バイト インフルエンザ インフル

コメント

*

逃げちゃダメだ。

*

別に逃げてないよ??(と普通に答える)

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/82-611666c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。