Homeスポンサー広告大学4年生の僕>バイトの置かれている状況をもう少し理解して欲しい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

バイトの置かれている状況をもう少し理解して欲しい

2009.12.27 Sun

こんにちは。最近やっとアルバイトを始めることができ、24日のクリスマスイブから働いています。短期というか、登録制のアルバイトなので不定期になりそうで不安ですが、頑張ります。全く経験したことのない職種なのですが。。今日もバイトで、明日もバイトです。


バイトはイベントスタッフ的なことをやっています。会場の案内とか、設営とかいろいろですね。主に案内です。


バイトの置かれている現状をもう少し理解して欲しい」というか、「もっと理解して欲しい」

24日が初めてのバイトだったんだが、全くいったことのない施設で、どこに何があって…ということが全くわからなかった。それにも関わらず、ほとんど説明がなかった

マニュアルとか配られたけど、そこに載っている地図は意味不明。というか、全く関係ないようなところの地図だった。文章で書いてあることも、理解がしにくく、その上、情報量が多く、覚えきれない。いや、俺が馬鹿なだけかもしれないが、いろいろ当日に詰め込まれても、右から左に流れていくのがほとんど。

だから、お客さんに「〇〇はどこですか?」と聞かれても正直分からない。わかることなら質問されて全然OKなんだが、わからないことを聞かれた場合は困る。近くにベテランな人がいればいいが、どこにいるか不明。というか、ベテランな人はどの人だ??という状況に陥る。

仕事の全体は見えないし、全体のどの部分を自分が担っているかも分からない。こんなつまらないことはないと思った。



さてさて、こういった経験をして、こんなことを思いました。


1.仕事をする際には、従業員に全体をしっかりと把握させることが必要


全体を理解して、その中でどんな役割を自分がするのか(すべきか)をしっかり理解していれば、モチベーションも変わるだろう。漠然と、「今日は〇〇のイベントです。~~があるので気をつけてください。あれとこれとそれといろいろ気をつけてくださいね」、といわれても右から左へ受け流します。

だから、全体の把握は、しっかりと時間をとってすべきだ。イベント会場を見て回るなどすれば、このような仕事の場合、覚えやすいと思う。若干の人件費を使ってでもすべきだ。クレームが飛躍的に減るだろう。前日に時間をとるのもいいと思う。



2.何を担当するのかを明確にさせる。覚えさせることを細分化する。


この手の仕事の場合、超が付くほどの分業をしたほうがいい。もしも全体を把握させることを徹底するならばあまり必要にならないかもしれないが、分業がキーポイントとなると思う。

分業によって、未熟な従業員(初出勤とか)が覚えることのできる限界量に合わせることができます。もしも、分業をせずに未熟な従業員に仕事を任せても、分からないことが多く出てきます。しかし、分業をしまくることで、覚えることを最小限に抑えることができ、未熟な従業員の能力を最大化できます。わかることだけ答えられればいいのです。

例えば、イベントの案内係であれば、席を案内する人、席の外のトイレとかを案内する人などです。もしも、席付近で「トイレはどこですか」と聞かれたら、不明確なので、「外にいる係員に聞いてみてください」と言えばいい。わからないことを分からないと認めて仕事をさせることが、未熟な従業員にとっては気が楽ですし、無理に変な知ったかぶりをせずにすみます。




3.モチベーションを上げるにはやっぱり金


所詮バイトです。バイトをしている人の目的は、結局「お金」です。時給なので、その時間拘束されて、最低限のサービスを提供していればいいと考えます(普通の人なら)。ですから、「〇〇をしたらインセンティブを出します」とか、そういうことをしたほうがいい。サービスの質が上がります。そして、研修(1.2.のような全体を把握させることなど)でも、しっかりと話しを聞く人が増えます。結果、サービスの質が上がります。

接客態度などいろんなことで評価はできるとおもう。








これは、短期の登録制のアルバイト以外にも当てはまると思った。


1.社是、会社のミッションは全体を把握するためにある


会社がどのような方向性へ向かっているのかを理解することで、自分もその方向へ向かう努力をするでしょう。経営者は企業の価値を上げるため、存続させるために会社の方向性を決めますが、従業員にとっては会社がどのようなことをしているのかを理解するためのものなのかなと。


2.会社の中で自分がどのような役割をすればいいかを考えれば、仕事はやりやすくなります


全体を把握した上で、個々人の仕事に落としこんでいく。その際に上からの命令などでしっかりとした分業がなされる。そうしたことで、自分がやるべき最低限のことは〇〇だと分かり、その仕事に打ち込むことができる。


3.頑張ったら上司から評価されて、給料が上がると考えれば仕事をもっと頑張ります。


1.2.だけでは、人間は最低限の行動しかしません。その人の行動を見て評価すること、評価をお金や感謝の言葉などで示すことで、個人は自分が割り振られている仕事から外へ手を伸ばしてより大きく成長しようとします。




まだまだ大切なことは細かく言えばいっぱいあると思いますが、経営に最低限必要なことはこの3点なのかなと感じました。全く全体が把握出きずに仕事をさせられ、大勢の中のひとり(one of them)になってしまっていることで、自分の役割がよくわからなくなったことで、「この仕事つまらないな」、と実際に思った。だから、やっぱり全体がどのように動いているかなどが理解出来ていた方が面白いな、と。これをちゃんと経営者や人を動かす立場にある人は意識して、従業員に伝えていかなければならないなと感じました。








人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

タグ:アルバイト バイト 経営 ビジネス

コメント

*

私も派遣の案内的なバイトしてたけど、どうせ一日だけだし…って思ってかなり甘えてたなぁ。分からないことがあれば、すぐ他の人に聞く。他の人がいなければ、お客さんを待たせてとりあえず聞きに行く、みたいな。

でも、立ちっぱはきついよね。それはとても分かる。

雇用側の説明不足なら、ちゃんと聞いたほうがいいよー。分からないので説明してくださいって、派遣の会社とか、設営してる会社の責任者とかに。


今ね、映研の友達が荻窪から伊勢まで自転車で旅してるみたいよ。何か実況中継とかしてるみたい。だいたい一週間で行けるみたいね。
まずは自転車か。。ママチャリじゃだめなの?(笑)

*

>さおりさん

まあ面倒くさいから聞かないーw
自転車の旅ねー時間取れるかなーってのもあるし。大阪まで行きたい。w
スポーティなチャリが欲しいんだよね。。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/80-b38998d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。