Homeスポンサー広告考えログ>【考えログ】経営に必要なこと~バルセロナFCから学ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

【考えログ】経営に必要なこと~バルセロナFCから学ぶ

2009.12.22 Tue


昨日の、社会企業から変わって、サッカーのクラブチーム、FCバルセロナの元副会長のフェラン・ソリアーノさんのインタビュー(?)が東洋経済オンラインに掲載されていた。



いろいろためになることもあるので、備忘録としても(読むか分からないけど。。)、書いておく。




気に入ったところを引用して、コメントを思いついたら、書くというユルい感じでいきます。

FCバルセロナは、一般市民が会員となって運営するソシオ、という非営利団体。



らしいです。この前テレビでも見た。そいえば、ユニフォームの胸にはスポンサーの広告じゃなくて、UNICEFのマーク。


単に「変える」だけでは良くはならない。変化のスピードと範囲も重要だ。変化を起こすときは、一気に、すべてを変えなければならない。そして変化を進める際には当然、状況が不確実になり、カオスになってしまう。この不確実な状況を極力、短くして切り抜けることが大切になる。
中略
変化の最初は前任者の尻ぬぐいだ。だからある程度のことは許容される。しかし、1年以上たつと、変化は自分自身の尻ぬぐいということになってしまい、周囲から認められなくなってしまう。
 1年で目標の80%を変えることができなければ、変化をなし遂げられない、と考えて取り組んだ。1年でできないと、2年目、3年目は、2倍、3倍の労力が必要になるからだ。



鳩ポッポ首相も、この精神を見習うべき??しかし扱う問題が多すぎるから、厳しいのはわかる。ただ優先順位をちゃんとつけて、「まずはこれをやります!」というスタンスを示した方がいいと思う。いまは、「あれもやります!これもやります!もちろん、〇〇のことも忘れてませんよ!」という感じで実際どうすんの?状態。


バスケットボールで言えば欧州の各国リーグはNBAとは比べ物にならないが、それでもみんな地元のチームを応援する。スポーツチームの運営はファンとの感情的なつながりが重要で、技術的なレベルではなく応援してもらえるようにするのが大切だ。



なるほど。


――FCバルセロナでの経験はスパンエアの経営に役立っているか。

 スパンエアは、就任当時のFCバルセロナより厳しい状況だ。
中略
 プレッシャーも大きく、何から何まで人目にさらされる。金魚鉢の中で経営しているようなもの。そこは航空会社とは違う。



欧米の人は、多業種間を渡り歩くイメージがあるな。一方で、日本の経営者は同業者で社長をしたりするようなイメージ。その道のプロフェッショナルとみるか、新しい風を吹き込むか、どちらかによって選択肢が変わるのだろうか。



以上、若干ためになりそうなことが書いてあったので。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/75-3a3ac4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。