Homeスポンサー広告考えログ>【考えログ】Twitterはなぜ流行らないのか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

【考えログ】Twitterはなぜ流行らないのか。

2009.12.13 Sun




超大手ブログ、アメブロが、「Amebaなう」なるものをローンチしました。Twitterとほとんど同じ機能なのに、なぜサイバーエージェントはこれを採用したのか。また、Twitterはなぜ流行らない(少なくとも自分の周りでやっている人は殆どいない)のかということを考えてみた。


 Twitterがあるにもかかわらず「Amebaなう」をローンチした理由は、簡単に言えば「消費者(ネット市民)はマイクロブログなるものを求めているから」だろう。
 マイクロブログは、「タイトルを考えなくて良い」「気軽にかける」「思いついたことを瞬時に駆ける」「今を実況中継/共有できる」という利点があり、ネット市民はこれを潜在的に欲している。「mixi日記でいいじゃん」「ブログと何が違うの」と表向きはそう言っていても、実際にマイクロブログを使ってみると、これまたハマってしまうのである。そういう意味で、「潜在的に」欲していると言うのだ。

 だが、だったらTwitterで十分じゃないか。なぜサイバーエージェントは「Amebaなう」を開始したのか。

 まず、記事から引用しよう。

永山氏は、Twitterユーザーには、比較的ITリテラシーの高い人が多いと分析しているという。自身もヘビーなTwitterユーザーであるという永山氏は、友人をTwitterに誘うことも多いというが、「まだ一般女性にはハードルが高い。せっかく誘ったけど、結果使わなくなったり、退会したり」(永山氏)というケースが多いという。



 Twitterは、素人にとって「ハードルの高いもの」「何か高度な技術が必要なもの」と考えられている。一方で、Amebaなうは、アメブロユーザーが簡単に使うことができるので、敷居はそれほど高くないということだろう。

 確かに、Twitterの場合、わからないことが最初のうちは多い。だが、少し触っていれば使い勝手はわかるし、このようなツールは自分なりの使い方で使えばいいと僕は思う。

 この記事の引用からもわかるように、「敷居が高い」ということが、Twitterが流行らない理由の一つだろう。


 もう一つ、僕が気づいたことがある。それは、TwitterはTwitter単独のツールである。Twitterのサイトでは、140字で自分が思うこと/していることを発信し、フォロワーの現在を読むことしかできない。つまり、Twitterのサイトではマイクロブログとしての機能しか利用できない。
 一方で、mixiやモバゲーなんかは、日記、アプリ、ニュースなどなど色んな機能/情報を、そのサイトのトップなどに表示されるため、日記が書きたければ日記を書く、アプリをあぷりをする…などといったように自分がその時したいことを自由に選んで利用することができる。
 Twitterでも、ニュースは見れたりするのだが、そのやり方が分からないということが初心者の場合あるのだろう。それが、mixiなどであれば、トップ画面を見わたせばニュースが表示されているから気になればそれを読むといった自由度の高い利用ができる。
 また、Twitterでは、〈つぶやきたいという感情 → つぶやく際にわざわざTwitterのサイトに行き → 文字をうち → 投稿〉というようなフローが多くの人が認識するプロセスだろう。mixiであれば、〈mixiをちょこっといじっていたときに思いついて → 文字を書き → 投稿〉といったなんとなく簡単なプロセスでつぶやける。(Firefoxなど使っている人からすれば、アドオンをインストールすることによって、常時Twitterのサイトを開かなくとも、Twitterのタイムラインが見れる/思いついたらすぐに投稿出来るといったことが可能なので、mixiよりもTwitterのほうが断然使い易いのだが。)
 
 まあ、mixiユーザー、アメブロユーザーの中の、インターネットエクスプローラを使っているような初心者の人には、以上のように「直感として」Twitterが使いにくいと思ってしまう。アドオンなどを使いこなせるようになれば、凄まじくTwitterの方が簡単だと気づくだろうが、まず「Firefox?なにそれ?」「アドオンって何?食べれるの?」といったマインドセットがあるので、手に触れてみようとも思わないのだ。



 ちょっとかなりごちゃごちゃした文になってしまったが、まとめると、



 インターネット/パソコン初心者にとって、Twitterは敷居の高いものである。
 それは、初心者が、Twitterをmixiやアメブロといった既存のサービスと比べるからである。
 mixiなどはコンテンツが多様であり、ユーザーが選択肢の広い利用ができる(と初心者は感じる)。
 また、mixiなどの方が簡単につぶやいたりすることができると感じる。(トップ画面から簡単にできるから。)
 もともとmixi(アメブロ)を使っていたからといった理由もあるだろう。(それで間に合ってると考える。)

 一方で、インターネット/パソコンをよく利用する人にとっては、Twitterほど使い易いものはないと感じる(敷居などない)。
 それは、ブラウザなどを自分が使い易いようにカスタマイズすることによって、どんな時でもつぶやくこと(思い立ったらすぐに投稿)ができるからである。(Firefoxのアドオン、Echofonであれば、どのページを見ていても、単につぶやくことも、そのページのURLを貼ってつぶやくこともできる。トップページにさえ行かなくていい。ワンクリックで投稿画面が開き、つぶやける。)

 
 このように、敷居の高さは、Twitterそのものから来るのでなく、ブラウザのカスタマイズなどに関する知識の欠如から生じているのではないか。
 アドオン機能を知っている人、使えるひと(誰でも簡単に使えるのだが)は、それをインストールすることで、かなりTwitterを使い易いものにしているが、知らない人、使えない人にとってはmixiと同等かそれ以下だと思うのだろう。

 だから、Twitterは流行らないのだ(少なくとも僕の周りでは)。
 (あるニュース(cnetニュース)では、かなり利用者数が増えているみたいだが、日本で本格的に認知されたのが今年のはじめくらいからだから、よくインターネットを使う人が参加したと考えれば必然。素人にはまだまだ敷居が高いもので、流行らないのだ。)




(これ、まとまってるか?)


Twitterがどうしても敷居の高いものと思われるのには、「コンテンツにおける多様性の〈直感的〉欠如」と「初心者がいい機能に手を触れないこと」が上げられるんだと思う。


ということは、Amebaなうやmixiボイスは、流行るということなのだろうか?

それは分からないが、Amebaではアメブロが危機に立たされ、mixiでは日記が危機に立たされてくると思う。その利用者などといった面で。収益を得る源泉がシフトされるだけで、結局増収にはつながらないかなー。


ホリエモンがブログでこんなことを言っていました。


ブレイクの可能性は微妙かなとも思ってる。なぜかといえば、サイバーエージェントは他のサービスもそうなんだけど、オープン化とかに全く興味関心がないようだ。あるいは技術陣がそこまで余裕がないのかもしれないけど、Twitterが本体のサービスを極限までしぼって、オプションサービスは全てサードパーティに自由にやらせているところである。これが実はTwitterがここまで広まった大きな理由のような気がする。ま、ある意味ページビューが伸び悩んでいたmixiもmixiアプリで再びページビュー増加傾向を取り戻したように、オープン化は最近流行っているウェブサービスのキーワードだ。

どうせ本体のアメブロそのものが140文字のコミュニケーションとなんら変わらないところを考えると、「なう」はTwitterに相乗りして、モバイルと PC版のポータルだけ作って、アメブロの管理画面を新しいgree風やFacebook風にしてやれば、アメブロしかつかってないユーザはTwitter なんぞ知らないままに、「なう」を使い続ける気がする。だから広告も貼り付けられるし、URL短縮サービスとか写真サービスを工夫して広告モデルを考えればいいんじゃないのかな。

たとえば、「Girls Log ガールズログ」ってサービスがあるけど、こんな感じのイメージ。twitterにユーザもって行かれるような感じがするが、そこは芸能人と契約で縛ればいい。どうせブログも使わざるを得ないんだから。




 わざわざ自前で同じアプリケーションを作るのは、かなり浪費だと僕も思う。Twitterの機能を使って、アメブロでそれこそGirls Logのようにやった方が、設備投資がほぼタダでできて、そこにサイバーエージェント本業の広告をうまく載せて設ければ、利益率ほぼ100%だ。これが、オープンなインターネット社会のいいところなのに、それを使わなかったことは惜しいと思う。だから日本はガラパゴスとかいわれるんだ。

 話が脇道にそれてしまったので、そして、いま午前4時を過ぎてしまったので(記事はお昼ごろに予約投稿しています)、ここでやめようと思う。
 
 ここまで読んでくださったあなた、「あんたはエライ!」ww

 では。ありがとうございます!
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/68-58f5285a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。