Homeスポンサー広告考えログ>[考えログ]週間東洋経済2009.11.14[2011年、就職戦線]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

[考えログ]週間東洋経済2009.11.14[2011年、就職戦線]

2009.11.10 Tue

週刊 東洋経済 2009年 11/14号 [雑誌]

東洋経済新報社
おすすめ度の平均: 4.0
3 企画が安易。
5 最近の仕事術、勉強法ブームの勢いを感じさせる内容



週刊 東洋経済 2009年11月14号に「どうなる?就職戦線2011」という特集記事があったので、今年就活する人たちのために。 とりあえず、記事の詳しい内容は学校の図書館ででも読んでください。


「就活生の弱点・問題点」ということで、まとめもありました。

1.学習意欲が低い学生

2.毎日通学し授業に出席

3.学ぶより教わる学生

4.地元志向が強い学生

5.偏った社会観を持つ学生




というようなことが浮き彫りになっているようです。

確かに、思い当たる節はあるような気が・・

今の学生には、「働く」ことに対するハングリーさがないし、積極性も高くない。(中には高い人もいるが、少数。)

今までお金に不自由せずに生きてきたから、そういったことが生まれたのかな?


学ぶ意欲がなく、教わる。

ということも、言えている。

就活中も、マニュアル本に頼った活動をほとんどの人がするだろう。

僕もその中のひとりだったかもしれない。

マニュアル本は最低限の準備をするときに読むモノで、ちょっとしたヒント程度のものと捉えるのが良い。

大切なのは自分の力で、反省し、改善すること。

「過去」→「現在」→「これから」

という思考でどう行動すれば良いのかを考え、行動することが大切だと思う。(経験談として)



就活生の草食化が進んでいる。

というか、大学生の草食化。あるいは、若者の草食化が進んでいる。




また、その草食化でも男子の方が草食系が多いらしい。

就職活動での女子の積極性は、週間東洋経済に載っている通り、男子に比べてとても高い。
(男子の中にはどこか夢見心地なひとが多いのかもしれない。)


男よ、女に負けるな!



今年の就職活動について、企業側は「まだ未定」だという企業が多く、就活生も企業も石橋を叩いて渡るような雰囲気になるかも。



だからこそ、今度の就職戦線にはマニュアルは全く信用できないと思って良いと思う。

就活生よ、リクナビ、マイナビ、enジャパン・・・に振り回されるな!

自分で情報を収集して、自らの力で考え、友達や先輩、就職課のカウンセラーに自分の思うことを話し、整理しながら、行動せよ。


ネタバレになると、どうなのかなと思って、抑え気味に書いてしまったので、あまり良い内容にならなかったかもしれないが、多少の足しになればと思います。

詳しいことは週間東洋経済11月14日号を読んでみてください。

同雑誌には、企業ランキングなども載っていたので、これからの情報源として使うのも良いですね。


就職四季報 2011年版
就職四季報 2011年版
posted with amazlet at 09.11.10

東洋経済新報社
売り上げランキング: 241



ちなみに、マインドマップ的読書感想文:【結局買ってしまいますた】「仕事術&勉強法」の『週刊東洋経済』が興味深かった件』では、同雑誌の仕事術の方に焦点を合わせていました。

こっちも面白いので、どうぞ。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

コメント

*ご紹介ありがとうございます

:FideleRuuthさん

記事のご紹介ありがとうございます。
オサーンなんで、思いっきり就活の方はスルーしてしまいました(汗)。
あまりにオサーンすぎて、現役の時は「面接の達人」すらなかったんで、許してくださいw

*

>smoothさん

コメントありがとうございます!
いえいえ、仕事術の方も僕も読みました!
マインドマップ的読書感想文、影ながらいつも楽しく読ませていただいています。これからもよろしくお願いします!

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/43-599ee2e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。