Homeスポンサー広告読みログ>竜馬がゆく(6)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

竜馬がゆく(6)

2009.10.31 Sat

竜馬がゆく(6)、読了しました。


竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)

やっと、ここまで来たかという感じ。


薩長同盟が結ばれるまでの竜馬の奔走とか、スピード感があって、今までにないくらい楽しかった。


竜馬が一番活躍したようなところなのでしょうか?


「竜馬の良さ」というか、「竜馬が輝いていたとき」のことがよくわかって、面白い、6巻でした。


幕府は一応倒した感じだが、これからどうなるんだ?

歴史をあまり知らない僕には分かりません・・(その方が楽しいか!)


本の中身については、もっとうまく書いている人がいるので、参照してみてください。
(もっと、うまく書けるようにならなきゃ。)

amazon.co.jpでのレビュー


新婚旅行って、欧米の文化で、それを初めてやったのは竜馬みたいだよ。


竜馬の言動って、誰も思い浮かばないようなことだなあ。

でも、竜馬以外のひとが、やってもそれは効果が無いような気がする。

竜馬がやったからこその言動かと。


(7)巻、(8)巻も楽しみ。


来年のNHKの時代劇も「竜馬がゆく」ですね。

これは、多分毎週(しかも1年間)見るのが無理なので、見れないと思いますが・・・

それと、今度、司馬遼太郎つながりで、「坂の上の雲」もやるようですね。

見てみようかな?

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/

さすがに、次「坂の上の雲」を読もうとは思えないな・・

「竜馬がゆく」の(8)巻が大変なので、「坂の上の雲」の(8)巻も今からは無理・・ちょっと時間明けてからだな。

1週間以上旅に出るとしたら、携えて行くかな。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

タグ:竜馬がゆく 坂の上の雲 竜馬 坂本竜馬 文庫本 小説 司馬遼太郎

コメント

*

『竜馬がゆく』ってタイトルがいいね。「行く(いく)」じゃなくて「ゆく」ってゆうのが。

坂本竜馬が福山ってゆうのがどうなるか…。

*Re: タイトルなし

>元隣人。さん

福山さん、どうだろうね。まあ、見ないと思うから大丈夫!w

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/24-cd1c6ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。