Homeスポンサー広告考えログ>地球温暖化ガス25%削減の、本性。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

地球温暖化ガス25%削減の、本性。

2009.10.28 Wed

温室ガス25%削減の国民負担増、実は22万円


まずは、これ。↑

石油燃料への課税が厳しくなったりと、家計の負担は大きくなるというのが、25%削減の本性だ(と思う)。



ちなみに、今日10月20日付けの、podcast「日経ベリタス大江真理子のモヤモヤとーく」を聞いたんだが、そこでも、言っていたように、日本のエネルギー消費効率は世界でもトップランキング。


アメリカの半分、中国の10分の1のエネルギー消費で、いろいろまかなえている状態だ。


今この現状で(実際には90年比でCO2排出量は増加しているので、実質30%くらい削減しなければならない状況)、「さらにCO2の排出量を大幅に削減する!」と言われても、産業界には「そんなん無理!」って反応が返ってくるのは仕方がない。


「日経ベリタス大江真理子のモヤモヤとーく」では、《新幹線戦略※》で企業もがんばるんじゃないかと言っていた。
(※一気に目標を高い位置に持っていくことで、モチベーションを上げて、そこに到達できるようにさせる戦略?多分そんなことを言っていました。。とにかく、大きな目標を提示することで、そこへキャッチアップさせる戦略ということでご了承を。。)


だけど、俺は、やっぱり家計の負担が大きくなると思う。


実際意識はしていても、実行に移せていないのが、この国民一人ひとりの単位だと思う。

最新技術があったとしても、「まだ使ってる途中だから」とかいう理由で急には移行できない。だから、まだ旧式のエネルギー消費の製品を持っている人だってたくさんいると思う。

また、一家に一台、太陽光発電を導入すればどれだけCO2排出量が削減できるだろうか?
(土地によっては、風力発電などを導入すれば、排出量は減る)

国民が意識的にエネルギー効率のよいものを使い、再生可能なエネルギーを使えるインフラを整えれば、排出量は劇的に削減できると思われる。


ただ、問題なのは、家計における負担だ。


2020年までに達成するためには、今から約10年かけて、すべての日本の家計がエネルギー効率のよいものを使っている状態にする。同時に、再生可能なエネルギーを使えるインフラを作る。


家計がこれを導入するには、お金が必要。

政府はそこへ、税金を投入しなければならないでしょう。


できるだけ、損が生じるという障壁(感)をなくすこと。

企業と政府が協力すればできるようなことだと思う。


子供手当も重要だけど、何だか行き過ぎた社会保障になっている気がするので、僕はあまり好まない。
(超短期的思考だし、結局官僚主義だし。)


むしろ、「インフラ」面でもっとお金をかけるべきかと。


これからの時代、人間が生きていくには、その生きていく環境がとても重要な要素。

無くてはならないもの、それを守らなければならないという事実。

自然を取り戻すという作業が必要になってくる時代だ。

だから、次の時代にスムーズに移行するには、しっかりとしたインフラ整備をしておかなければ、手遅れになる。

つまり、そのインフラ(=安定した環境)が無ければ、今後の経済発展はあり得ないということ。

今損失が多くても、これに関しては、後で取り返しがつくものだと思う。
(過剰社会保障は、あとで取り返しがつかなくなるもの)



他にも大事なインフラはあるが、今回は「環境保全」というインフラをしっかりとなりたたせようというお話しでした。


何だかごちゃごちゃした文章ですが、ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!



参考
エネルギー消費効率については、この文書(pdfで開かれます)
http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g70419a07j.pdf

「日経ベリタス大江真理子のモヤモヤとーく」はここから。
http://www.nikkei.co.jp/podcast/veritas/


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

タグ:環境 CO2 エネルギー消費効率

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fideleruuth.blog101.fc2.com/tb.php/18-29c8b647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Related Posts with Thumbnails
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。